サロンオーナー様からいただく、
3つの悩みについて解決できる研修です。
 
  1. スタッフの積極性、人間力を成長させる教育がわからない、うまくいかない。
  2. 自分ごととして会社のことを考えるスタッフをどうやって増やせばいいかわからない
  3. 安定して学生を採用する方法、手法がわからない、そういった場がない

 

 



 

  スタッフの積極性、人間力を成長させる教育がわからない

 
・美容師という仕事の価値、素晴らしさをどうやって教えたらいいかわからない

・ロープレを何回やっても、いっこうにスタッフの提案力・プレゼン力があがらない

・ミーティングではいつも、おなじスタッフか、オーナーが話している

・話を整理してから発言するように指導しても、なかなか改善されない

・チャンスを与えようとしても、食いついてこない

・モチベーションを下げないために、スタッフ教育が甘くなっている気がする

・井の中の蛙で、「できている感」があってまずいと思うが、外の刺激をどうやって入れたらいいかわからない

 


会社のことを自分ごとにするスタッフ
をどうやって増やせばいいかわからない

 
技術以外の会社の仕事をさせたいが、スタッフはイヤがっている感じがする

会社を引っ張る若手を、どうやって育てたらいいかわからない

・サロンの顔になって活躍するスタッフを育てたいが、きっかけがつかめない

会社のことを真剣に、一緒に考えるスタッフを育てたいけど、どうしていいかわからない

・サロンワーク以外のことは、自分には関係ないようなことを言うスタッフにどうしていいかわからない

 


安定して学生を採用する方法、手法
がわからない、そういった場がない

 
・学生の前に立ったときに、何を話していいかわからない

・ガイダンスに行っても、ブースに学生が来ないと泣きたくなる

・先生に挨拶に行くけれど、なかなか覚えてくれない

・フェアに出ても、有名サロンにばかり学生が集まっているのを見て、呆然とする

・採用活動以外でも学校とお付き合いをしたいけど、なかなかきっかけがない

学生に自社を覚えてもらうために、何をすればいいかわからない

・興味本位ではなくて、真剣な学生に出会いたいと思うけど、どうすればいいかわからな

地元以外の学校とも接点を持って、信頼関係を築きたいけど、何をすればいいだろうか

・求人票では伝えられない自社の良さや雰囲気を伝えたいけど、そういった場がない、方法論がわからない

 

003

あなたが、もしこれら3つのうちのいずれか
もしくは3つに悩んでるなら?

累計452社、1356人の理美容師の方々が受講し、
サロンの成長、自分の成長、求人に効果を出した

ダントツ塾必ず役に立ちます!

ダントツ塾は、過去4年にわたって

ご参加クライアントの方々と一緒に
プレゼンのトレーニングを重ね、

美容学校の学生、累計2万人へ授業を届け

業界発展にも意義ある研修、仕組みと評価をされています。


004 

 ダントツ塾の仕組み

他のサロンの様々なスタッフと一緒に、一回5時間のプレゼントレーニングを6回。
美容学校での授業を全国60校の中から3つ以上に出れるように数を用意しています

◎プレゼン力UPのためのトレーニング◎

プレゼン力とは伝達力。 

お客様の「心に伝わる」 学生の「心に伝わる」

「心に伝わる」ことによって、相手の行動がわかります。
心に伝わるには自信が必要です。

職業、会社、仲間、そして自分に対しての健全な自信を身に付けていきます。

 
健全な自信を培う

「伝わる」伝え方の方法を学ぶ

経験、場数を積む
        

トレーニングでは以下の項目の知識と方法を体感していきます。(一部)

・リーダーシップは誰でも発揮できる
・会社での居場所は自分で創る
・モチベーションを自分でコントロールする
・自分を自分で成長させるためのマップ
・ディスカッションで役割を果たす方法
・聞き手の心を動かす伝え方

 


美容学校の授業へ登壇  IMS(=Imagine of My Slef)

学生に「この仕事」の価値、やりがいを直接伝える場に参加できます!

プレゼンの本番
⇒本番があるから研修に一生懸命取り組みます。

サロンの知名度UP
⇒学生内での知名度が上がると会社説明会でブースに来る学生が増えます。

学校と授業協力の関係
⇒採用したいときだけ行くのではなくて、授業協力サロンという位置づけ  


ダントツ塾でサロン様が得られるもの

ダントツ塾で得られるもの その1

スタッフの積極性、人間力の成長が実現できます。
ただトレーニングを受けるだけでなく、
美容学校の授業に講師として登壇し、学生とディスカッションをしたり。
学ぶ→教えるという循環がスタッフを成長させます。

ほかのサロンからの参加者とディスカッションすることで
 「この仕事の価値」について、より強く確信を持ち
サロンワークにも自信が反映されます。

ダントツ塾で得られるもの その2

会社の代表として、サロンの看板を背負って
学校で授業をし、学生と向き合う中で、

愛社心が培われ、
会社のさらなる成長にスタッフが
自然と興味関心を持ち、関わるようになります。

ダントツ塾で得られるもの その3

貴サロンのスタッフと学生が授業で交流を持つことで、
学生が自然と貴サロンのことを覚え、
自社の雰囲気や人間関係が自然と伝達されていきます。

こういった場、機会、チャンス、きっかけを
全国の美容学校へ持てる仕組みがあります。


全6回のトレーニング

トレーニング

「この仕事を選んだ動機」
「学生の頃の初心」「自分の得意なこと」
「日頃、逃げていること」・・・
自分を棚卸しして、見つめながら、
様々なキャリアの理美容師の方と
価値観、体験を共有しながら、
プレゼンテーション、ディスカッション能力を
磨いていきます。

美容学校での授業

school

1つの授業を5社から15社程度で構成
「学生へ5分プレゼン」
「この仕事の価値を考えるディスカッション」
「理美容師人生の目標設定チームワーク」
半日から丸一日、学生たちと授業を行います。
講師として学校に訪問することで、
学生、先生と
自然とコミュニケーションが深まります。


具体的なダントツ塾の内容から、ほんの一部をご紹介

  1. 学生と、スタッフ同士となど、人間関係を前に進めるたった4つのルール
  2. 自分の成長、スタッフの成長のために、何をすればいいかがわかる「自分開発マップ」
  3. 知らないと将来が大きく変わる、正しいビジョンの設定方法
  4. 痩せたいけど食べたい、そこに成長のカギがある。自分のカラとは
  5. 最初からいいリーダーなんていない、いいリーダーを生み出すために、誰もができること
  6. 知っているだけで大違い、モチベーションを自分で維持する最大最高のたった一つのこと
  7. やってはいけない学生への質問の仕方、やるべき質問の仕方
  8. チームが加速する、ディスカッションの時に自分が果たす役割とは
  9. 学生が惹きつけられるプレゼン、4つの法則とは
  10. イマドキの学生が興味を持つ20のテーマ

 



 

開発責任者・主席トレーナー
コンプラット代表 菊池 研(きくち けん)

コンプラット菊池 研

1973年、青森生まれ、兵庫県育ち。京都外国語大学出身。
大手書店勤務、広告写真家、イベントプロデューサーを経験。
2004年、某コンサルティングファームを母体とするコンサルティングブランドに参加。
経営コンサルタントとして、年商1億円から100億円規模の中小企業を支援。
美容院に関しては、累計1700店舗の経営に携わる。
2005年月間MVP受賞、2006年ブランドNO.1コンサルタント。コンサルタントの採用、育成も務める。
2007年12月株式会社コンプラット代表取締役に就任。
2008年6月より年間50回開催、約700名が参加した「コンぷらっと火曜会」を3年に渡り主宰。
2011年より美容院向け研修サービス、ダントツ塾「人が育つ採用」を開発提供。
東京、大阪、名古屋、福岡の4都市で年間約150社が研修を受講し、約60校の美容学校で授業を行い、
美容師、学生の職業観醸成と伝達力の向上に力を注いでいる。
著書:「自分ダントツ化計画」(グラフ社)
    「一刻もハヤク ツマラナイ ゲンジツから脱出スル方法」(コワフュール・ド・パリ・ジャポン)
講演:美容ディーラー、美容勉強会団体、学校、商工会議所、倫理法人会、企業など