失敗してしまう美容室開業と開業後のやってしまいがちな副業

美容業界の深刻な求人難という現状の中で、まだまだ増加していく独立のご相談。

ここでは掘り下げるつもりはありませんが、業界の仕組みにテコ入れしなきゃいけない時期なのかもしれませんね。

美容師としてやっていくと決めたときには、他の選択もあるとは思っていますが、やはり独立を選択する方が多いのは事実です。

将来自分のサロンを経営していく上で、どう人材を確保していくのか?どうしたらスタッフが辞めないで長く務めてくれるのか?

そんな仕組みを形成する必要がありますよね。

さて、そんな前置きはこれくらいにしておき、今回の記事の本題です。

 

開業後、潰れてしまう美容室

サロンオーナーとお話していると、結構あるみたいですw

あそこのサロンが潰れたとか、あそこのサロンの名前が変わったとか、近くのサロンの変化があればもちろん気づきますよね。

なんとなく話は聞きますが、私自身としては正直あまり実感が無いんです。

お手伝いさせていただいているサロンは、嬉しいことに1軒もまだ閉店していないんですよね。

嬉しい話なんですが、冒頭にも書いているように、人が居なくて悩んでいるオーナーは沢山いらっしゃるのですが、閉店しようかどうか悩んでいる、、なんて相談はないんですよね。

人が居ないとか前向きなご相談がほとんどなんです。

 

そもそも、この人独立したら危ないな。と感じた方はヤンワリお断りしているというのもあるんですがw

独立開業する事が、その方にとって本当に幸せな事なのかどうか、しっかり考えお手伝いしなければならないと思っていますので。

お断りする方には、ある程度の共通点があるので、そこのところをまずまとめて行こうかと思います。

そして前職の美容ディーラー時代には、何件かのサロン閉店を経験しています。

その時の話も織り交ぜて書いていこうと思います。

 

考えを押し通そうとする方

誤解をしないでいただきたい所でもあるのですが。

元々考えていたサロンと現実に開業するサロンとでは、予算の問題であったり色々な要因から増やしたりする事があり、逆に削っていく事があったり。

しっかりとしたビジョンがあって、明確な理由があっての押し通しであれば、こちらや周りも納得のできる話なんですが、明らかにそうでは無いことを押し通そうとする方がたまにいらっしゃいます。

聞くだけ聞いて、結局自分を押し通す、みたいな感じですかね。

偉そうに聞こえてしまうかもしれませんが、開業についての経験値はこちらの方がありますし、先に開業した先輩の方が知識もあるはずです。

その忠告やアドバイスを聞き入れる姿勢の無い方は、開業後にもしかしたら苦労するかもしれません。

こちらの伝え方もあるので、日々勉強ですが!

 

こだわりを捨てる覚悟があるかどうか?って事です。

厳しい言い方になってしまいますが、売上が上がらない支持されないこだわりはただの自己満足ですよね。

 

先日、あるオーナーAさんから、開業して売上が中々上がらなくて困っているというオーナーBさんをご紹介いただきました。

Aさんいわく、いくら言ってもホットペッ○ーにも載せないで、その費用を他に使っていて、結果集客が全く出来ていないとの事でしたが、Bさんとお話した結果、今ではガンガン○ットペッパーに掲載し、ガンガン集客出来てます(笑)

Bさんにはこだわりがあり、安っぽいイメージを定着させたくない、他の媒体やSNSで集客していきたいという理想がありました。

素敵なことですし、それに越したことは無いと私も思います。

しかし集客ができていない現実があり、運転資金も減ってきているなか、色々お話させていただいた結果、掲載することになったんです。

別にその集客媒体の回し者でもなんでもないんですが、一番結果が出やすいのも事実ですからねw

 

理想のサロン造りをしていく中で、それが今なのか?将来なのか?

そこをしっかり判断する力、柔軟な思考がオーナーには必須なのではないでしょうか?

 

ディーラー時代に担当していたサロンさんで、とてもこだわりを持っていたオーナーがいました。

オーガニックや天然素材にこだわり、紹介する商品全てを全否定され、、、笑

今考えると私の営業スタイルも最悪だったなあと反省する部分もありw

取引が無くなる寸前にはカラーやパーマも否定していました。

結果として、それが発展や利益に繋がるのであれば全く問題も無いのですが、しばらくしてそのサロンは無くなっていました。

もしかしたら、移転をしたりという可能性もありますが、状況を見る限りクローズしたんだと思っています。

存続する、家族やスタッフを守るためには、時にこだわりやプライドを捨てる、もしくは一時期の我慢も必要になるかもしれませんよね。

何かに特化し、差別化を図っていくのはもちろん賛成です。カラー専門店や縮毛専門店など、施術の幅は狭くなっても、しっかり支持され、収益を得ているサロンさんも多く知っていますし、正しいやり方だと思っています。

要は、支持されるやりかたなのか?独りよがりになっていないか?

そこが重要なんだと思うんですよね。

 

聞いた話になってしまうのですが、あるサロンではこの時代なのでSNSを強化しようとスタッフに投稿義務を課したそうです。

結果そのサロンは閉店まではしていませんが、スタッフがまとめて辞めてしまい、オーナー1人になってしまったそうです。

ここでの問題点は、必要に感じたことを必要に感じてもらえなかった事。

SNSをなぜやるのか?目的の共有が上手く出来ず、一つの手段にも関わらず、そこが伝わらなかったせいでスタッフが辞めていくことになったそうです。

スタッフからすると、ただ単に作業が増えて、必要性も感じられないのに、怒られるし面倒くさいし、だったら違うサロンに、、、という事だったんでしょうね。

 

お客様やスタッフから支持されなければ、正しいことでも上手くいかないことってあるんですよね。

変化がなさすぎるサロンも離職に繋がってしまうので難しい所ですが、その辺りを柔軟に解決していかなければ、長く続く経営は難しいのかもしれません。

 

人に任せられない人

これは色々な方とお話していて感じた部分です。

オーナーとして、何でもかんでも自分でやりたい、知っておきたいという気持ちはわかっているつもりです。

無駄な費用をなるべく抑えたい、それも経営者として当たり前ですよね。

先程の話はこだわりについて書きましたが、そこをもう少し掘り下げると?といった感じになりますが、これは常々お話もしますし、感じる所でもありますが、

その道のプロに任せるところは任せないと駄目。だと思っています。

 

税務も労務も自分でやって、ホームページも集客も求人も全てオーナー自らが、プロを頼らず費用もかけずにこなしていく。

出来たらすごいですが!

やってる方も実際にいらっしゃると思いますし。

 

そこで質問です。

そのクオリティーは合格点でしょうか?

合格点の方ももちろんいるでしょうから、質問を少し変えてみます。

そのクオリティーは、プロからみたら合格点でしょうか?

例を挙げると、前髪を自分で切っているお客様がいたとして、なんの直しもしないまま返すお客様っていらっしゃいますかね?

素人としては合格点ですが、プロから見ると修正ポイントが見えてくるってことです。

税務には税理士がいますし、労務には社労士がいますし、求人には求人会社がありますし、髪を切るには理美容師がいるんですよね。

経営をしていく上で間違いなく適当にやってはいけないポイントがいくつかあります。

そこを人に任せられる、必要性をしっかり感じて、必要なところに必要な費用を使えない経営をしている方が、サロンをクローズしている傾向にあると思います。

メリハリが大切といったところでしょうか。

 

逆を言うと、経費の無駄使いが多い方は危険を感じます。

もちろん経営をする上で、必要な経費を使っていくのは当たり前ですが、使えば現金はなくなってしまうので、しっかり自己管理もできないといけませんよね。

 

美容師の副業について

実は今回、一番書きたかったところがここだったりします。

最近SNSやら何やらでいっぱい書かれていたり、実際にご相談いただいたり。

最近増えてきてる気がするんですよね、美容師の副業という言葉を耳にする機会が。

みなさんはどう思われますか??

個人的には美容師に限らず、副業すること自体に抵抗があったりします。

そこに費やす時間や労力があるのであれば、美容師や経営者としての質を高める、本業に力を注いだほうがいいと思っている派です。

 

某有名美容師さんが副業を始めたみたいですね。

それに関しては全然否定もないですし、逆にすごいと思っていたりします。

問題視したいのは、本業を疎かにしてそこを真似してしまう方たちがいるって事です。

ぶっちゃけ、その方は本業ですげー稼いでますよ!!

その副業を始めた方や副業で成功している方達は、本業でも成功してるんですよね。

本業ありきの副業って事です。

メチャクチャ稼いでいて余裕があるから、メチャクチャリサーチしてそこにビジネスチャンスがあったから手を出して、成功してるんですよね。

本業にまだまだ伸びしろがあるにも関わらず、副業に手を出して本業もグダグダになっている方たちの情報は入ってこないんですよね。

成功者の影には、その何倍、何十倍の失敗者が隠れていると思っているんです。

異業種に、副業に手を出すのは自由ですが、本業はあくまで美容師なのであれば、まずはそこで成功を収めてからでも遅くはないのではないでしょうか?

本業がままならないのに他に手を出して、スタッフからも信頼を失い縮小していき、それでもまだ副業って必要なんでしょうかねw

芸能人がよく飲食や、アパレルに手を出していますが、みなさんはどう感じますか?

たむけんさん?なんかは大成功をしてるみたいですが、正直最初は話題になりますが、その後ってあんまり聞かなくないですか?

副業と趣味は別。というところをしっかり考えなきゃいけないですよね。

その道のプロではないので、小遣い稼ぎの趣味程度であれば好きにやってもいいと思うんですが、そこにどっぷり浸かるには、それなりの覚悟が必要ですよね。

趣味の延長として、楽しむ程度に何かを始めるのはむしろ知識や自身の幅を広げられるので良いと思うのですが、そこで利益をとなってくると、話が変わってくるのではないかと思います。

 

ちなみに筆者は、たまーに美容室の経営はやらないのって聞かれます。

ありがたいことに、やったら上手くいきそうだよね〜とかお言葉をいただけたりします。

自分が携わってそう言っていただけるのは、単純にそういったイメージや実績が作れている証拠だと思うので、素直に嬉しいですよね!

で、サロン経営ですが。

はい、やりませんw

なぜなら、美容師ではないからです。

自分では接客もできないしカットもできませんので、怖すぎて手がだせないですよw

飲食店をやってる美容室オーナーさんがいたりすると、自分で料理も出来ないのにすごいチャレンジだな!!とか思っちゃいますw

メチャクチャ実績がある美容師さんが、何かの理由で融資が受けられず、一緒にやってよと声がかかったらメチャクチャ心が揺らぎますが(笑)

 

話を戻しますねw

でもそういう副業で成功してる方って、美容師としてもかなりの成功をしてる方がほとんどなんですよね。本業の成功経験を副業で活かしてるだけだったりするんですよね。

ただ単に力を分散していたり、なんとなく手を出したりしている方って少ないと思います。

 

だったら美容に関わることで稼いでからでも遅くはないですし、メリットが大きい気がします。

例えば店販なんかは今までの仕事の延長にあって、かつ時間も取らないし顧客満足にもつながるし、今考えるとメリットが多いですよね(私が現役美容師アシスタント時代のときに、オーナーに物売りになるために美容師になったんじゃないっす!と楯突いた過去があるんですよね。はい、すみませんでした、大人になりましたw)

アイリスト、マツエクなんかもいいと思ってるんですよね。

美容師免許が必要な仕事ですし、美容師としての将来の一つの方向としても、この業界から離れていかないための方法としても有りなんじゃないかと思います、需要もまだまだありますしね。

ネイルは逆に簡単に手を出すと手痛い火傷を負うと思っています。

基本的には誰でもやれてしまうシステムですし、本気のネイリストにアシスタントの片手間ネイリスト風が勝てるわけがないですよねw

 

この辺りもしっかり吟味していかないと、経営圧迫なんてことになりかねないので注意が必要ですよね。

 

 

開業後、開業前も含めてですが、その仕事でしっかりとした基盤が出来た上で、副業などに手を出していく。

しっかりとした手順、準備をしないままだと、上手くいかない可能性は高くなってしまいますよね。

経営は、博打ではないですもんね。

 

 

 

美容室600件の開業実績があるからこそ、
開業のお悩みを解決致します!
美容室特化型の独立開業セミナー


自己資金0円でも開業できる可能性は?

どこに出店すれば儲かるの?

内装の料金はいくらが相場なの?

OPEN費用はどのくらい必要?


美容室の開業はノウハウがあれば出来るものではありません
1店舗ごとにオーダーメイドで開業へ導きます。
ブログでは書けないテクニックや内容も沢山あります。
是非一度セミナーで悩みを解決しましょう!