もしも御社のスタッフとして美容師求人担当を任せられたら

もしも御社のスタッフとして美容師求人担当を任せられたら

美容求人動画サイト『CM&JOB』 の 営業担当です。

 

これからの時期、例年で言えば毎年2月や3月は、求職者の応募が集まる時期ですね〜。

今年も「美容師求人」は大きなテーマのひとつでしょうから、念入りに準備していらっしゃいますか?

中には、「出せば来るでしょ!」という様な、感覚をお持ちの美容室経営者も多くいらっしゃるかもしれません。

お気持ちは分かります!

現実的には、年々厳しくなってきています。。。

その理由のひとつに、「美容師求人」などで検索している美容師さんが、5年前に比べると、約75%減ですから

過去の感覚だと「全然こねーじゃねーか!」と感じてしまうかもしれません。

3年前や5年前と同じ事を繰り返していては、結果に結びつきずらくなっているので、時代性に合ったやり方が

必要にもなるわけです。

おそらく美容室でも同じですよね!?

5年前のヘアーデザイン、3年前のヘアーデザインを、今も提案はしていないと思うのです。

さて、先日こんな相談をサロンさんからいただきました。

「〇〇くん(わたし)がサロンさんの求人担当だったら、どんな活動をしていくか聞かせてほしい」

これは、非常にうれしいお言葉です。(勝手に、うぬぼれも多いにふくめ、)

頼りにされている!とポジティブにとらえましたよ、わたしは。

これってすごく大切なことで” 社外の人事・広報担当” になれるかどうかは、すごく大切だと思っています。

そして・・・自分だったらどうするかなぁ、、、と周りのサロンさんの話も聞いているものもコミコミでどういうことをしていこうか。

まずはどんなメディアを利用していこうか、マーケティングのお話です。

 

美容師さんの求人マーケットの時期を見極める

美容師さんの求人マーケットは、美容室の繁忙期と逆といわれています。

例えば、 美容室さんの繁忙期は、3月4月6月7月12月 ではないでしょうか。?!

美容師さんの求人マーケットが活発になるのは、その時期ではない 1月2月5月8月9月10月11月 といわれています。

ところが、最近11月末から12月下旬にかけて応募が集まる傾向があるのです。

おそらく、年内まで働いて、翌年から新しい美容室で、などと考えている美容師さんが多いのかもしれません。

はたまた、繁忙期と並行して動いている方が増えたのかも?しれません。

2017年の今頃がどうなっているのか、観測してまた皆様に情報共有して参ります!

 

採用された美容師さんの声とトリプルメディアを利用する

弊社のCM&JOBもしかり、オフィシャルHPもしかり、SNSもしかり。

これを大分類すると3つに分かれ、それを トリプルメディア といいます。

ペイドメディア(paid media)=「関心をつくる」=広告

アーンドメディア(earned media)=「共感を得る」=SNSやブログ

オウンドメディア(owned media)=「理解を促す」=HPなどの自社メディア

ここからは持論ですが、まじめにつぎに働く美容室を探している美容師さんは、3つ全てみているとおもっています。

CM&JOBを通して、採用された美容師さんにヒアリングをしていると、

「HPやブログをみて、サロン見学の候補を決めて、実際に来店して雰囲気がよかったから決めました」

という声が多いなぁと感じています。

今回、ご相談いただいたのが、セット面4面の移転リニューアルのサロンさんでした。

当然、大々的な予算を掛ける事は難しいのが現実的。

まずは、トリプルメディアを思い出して、役割ごとに考え、当てはめて行きましょう。

 

美容師さんの求人をテーマにトリプルメディアに当てはめていく

 

①関心をつくる、の担い手は、求人媒体への広告出稿 と リスティング出稿 かなぁと。

求人媒体の選び方は、

☆ブラウザをシークレットモードで検索して、検索ワードを10パターンほど想定して検索してヒットするメディアを選びます。

このときのポイントは

☆2ワードではなく、3ワード以上のパターンも盛り込むことです。

☆2ワードで検索するより3ワード以上をいれて検索するユーザーが増えていること、トレンドなんでしょうね。

あとは、リスティングも時期と予算をみて設定をします。

②つぎに 共感を得る 担い手はSNSとブログですね

SNSだと、優先順位的に、Instagram(インスタ)、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)でしょうか。

全部やりくりしたほうが良いのですが、実はSNSの中でも得手不得手があります。

面識がない人とつながるやすいSNSとそうではないSNS。

つまり キッカケ を作れるかどうか、です。

なので、美容師さんの求人で考えた際に、

集客用と求人用は絶対にわけてアカウントをつくることもポイントです。

なおかつ、ビジネスアカウントでSNSを行う事も視野に入れるべきでしょうね!

このことをおろそかにしてアップしていると自己満足の発信になってしまっているかも。

最後に、

③「理解を促す」=HPなどの自社メディア です。

順番的には、

ペイドメディア → アーンドメディア → オウンドメディア の順番に見られます。

なので、一番サロンさんの職場環境・雰囲気を伝える場所でないといけません。

イメージは、基地(ベース)となるようにします。

HPからも、いま利用しているメディアとの連携もしっかりしたほうが、よりHPの情報が豊かになっていきます。

ここまでで構築していけると、情報発信の道筋はできるとおもいます。

ここから、なにを発信していくのか、という話に移っていくのですが、それはまた別のブログで書かせてください。

【重要】CM&JOBまでご連絡いただけましたら作戦会議も参加せて頂きますし、SNSセミナーも定期開催しておりますので、ぜひぜひ、お便りくださいませ。

美容室600件の開業実績があるからこそ、
開業のお悩みを解決致します!
美容室特化型の独立開業セミナー


自己資金0円でも開業できる可能性は?

どこに出店すれば儲かるの?

内装の料金はいくらが相場なの?

OPEN費用はどのくらい必要?


美容室の開業はノウハウがあれば出来るものではありません
1店舗ごとにオーダーメイドで開業へ導きます。
ブログでは書けないテクニックや内容も沢山あります。
是非一度セミナーで悩みを解決しましょう!