スタッフの事を考えた美容室の休日設定の方法とは

スタッフの事を考えた美容室の休日設定のやり方

今回の記事では、美容室の休日設定をそこで働く美容師さんの事を思い、
設定された美容室オーナーのお話を紹介します。
常に忙しい美容師のプライベートをどれだけ考えて行動に移せるかが今後の美容室経営の重要な要素の一つと言えるでしょう。

美容師の週休2日という環境

美容室経営において週休2日にすることは、難しい決断だと思います。
実質現状の売上が落ちてしまうからです。
しかし、そこで働いている美容師の従業員満足度を上げるためには必要な要素の一つです。

美容師の週休2日を実現するためにはいくつか方法があります。

  1. 美容室自体完全に週休2日にする
  2. 美容室自体の休日は設けずスタッフのシフトで調整
  3. 美容室の定休日を週1日にし残り1日をシフトで調整する

このような方法が考えられると思います。
どれを選択するかは、美容室の規模・スタッフの数によって最適なものを選ぶとよいでしょう。

この環境を取りれようと思ったのも、スタッフにはよく働き・よく休んで欲しいと考えられたからだそうです。
充実したプライベートが無ければ、いい仕事は出来ないとのオーナーの思いが込められているのです。

 

休日を考慮した出勤時間の設定

週休2日を実現した上で、さらにスタッフに寄り添った勤務時間の設定を行っています。
通常、美容室の営業時間はほぼ固定で土日がすこし変動がある程度だと思います。

どんな仕組みを作ったかと言うと、休日の前日の出勤時間は「9:00〜19:00」に設定し休日前は早く上がれるようにしました。
さらに休日後の出勤時間は「11:00〜22:00」に設定し、ゆったりと出勤出来るようにしました。

これには、記述したような配慮の他に例えば、歯医者に行きたい美容師のほとんどが休日に行っているとおもいます。
これでは充実したプライベートは確保できないと考え、11:00〜の出勤であれば朝一で歯医者いってから出勤出来るようにしました。

この勤務時間の設定をすることで、わざわざ休日に自分のしたい事以外の用事を入れずにすみますよね。
結果として、社員は休日に自分の時間を十分に確保でき、プライベートを充実させることで社員満足度を上げることに成功したのです。

 

 スタッフが様々なお客様と会える

これは先程の勤務時間を設定したことで、様々な客層のお客様とスタッフをつなげることができました。

朝早くから来られるお客様、例えばイベント事などに行かれるお客様や主婦のお客様が多くいらっしゃいます。
夜は日中はお仕事をされているお客様や学生などのお客様が多くご来店頂きいます。

そんなタイプの違ったお客様を幅広く接客することで、スタッフのスキルアップの向上やモチベーションが向上したりしました。
最初はこんな効果がでるなんて想像もしていなかったです。
結果としていい形でスタッフにいい環境を提供しさらに仕事の幅を広げてあげることができました。

美容室600件の開業実績があるからこそ、
開業のお悩みを解決致します!
美容室特化型の独立開業セミナー


自己資金0円でも開業できる可能性は?

どこに出店すれば儲かるの?

内装の料金はいくらが相場なの?

OPEN費用はどのくらい必要?


美容室の開業はノウハウがあれば出来るものではありません
1店舗ごとにオーダーメイドで開業へ導きます。
ブログでは書けないテクニックや内容も沢山あります。
是非一度セミナーで悩みを解決しましょう!